市場調査のことをご紹介します!

市場調査の上手な活用方法

市場調査の上手な活用方法 ひと昔前のマーケティング戦略は、人の足で稼げる範囲で集めた情報やデータをもとに複数人が囲む会議室のテーブルの上で繰り広げられる小規模の情報に対する分析でありました。
しかしながら、インターネットやSNS、各種端末などを含むICT技術の進歩とともにマーケティングという言葉が示すもののスケールが圧倒的に変わり、その活用方法も旧来の少ない情報からなるそれではなく、世界中を対象とすることもできるほど大規模なスケールかつ大量のデータをもとにした有効かつ効率的な手法へと市場調査は変化してきました。
これらの大規模な市場調査を行うことで、いち早く業界や時代のトレンドを取り入れることが可能であるとともに、一歩引いてみることで、同業他社と比較したさいにビジネスモデルとしての差別化を探す有効な手段となってきます。
この時代で長く生き残るために、この他社との差別化が商品開発の重要な要素となるため、市場調査の利用目的を目先の売上を追求するマーケット分析やトレンド商品の傾向分析に留めず、ビジネスモデルの差別化を図るための手法として活用することが有効です。

市場戦略に活かせる市場調査のいろいろな活用方法

市場戦略に活かせる市場調査のいろいろな活用方法 市場調査とは、顧客の意向や市場の動きを把握して戦略を立てることで、どうすれば業績を伸ばせるかを検証します。
新しい施策や商品を導入する時、市場調査をすることで、顧客からの評価を把握でき販売予測が建てられます。
また、商品開発にも役立つ大きなメリットがあるので、あらゆる場面で活用されています。
ターゲットの需要をヒアリングする商品開発の調査や、自社と競合社の商品イメージを聞くことによるブランドイメージの調査、どのくらいの価格なら購入するかを聞く価格調査などの活用方法があります。
知りたい内容に合わせて調査内容を変えると、商品やサービスの満足度や販売促進における調査も実施することができます。
調査にかかるコストや労力を考えて、市場調査の専門業者に依頼することもひとつの方法で、自社でできることは自分たちで行い、一部だけを業者に頼むこともできます。
市場調査には様々な方法があり、たくさんのデータ収集が重要になるので、調査目的に最適の方法を選択することが大切です。
調査結果をうまく利用して、自社の市場戦略に大いに活かしましょう。