市場調査の種類は3つ

市場調査の種類は3つ

市場調査の種類は3つ 市場調査には、定量調査・定性調査・統計データ調査といった3つの種類があります。
定量調査とは、消費者やターゲットとなる人にアンケート等を行って数値を定量的に分析する調査方法になります。
街頭でアンケートを依頼したり、電話や郵送による調査などもあります。
最近ではインターネットによるアンケート等も多くありますが、匿名性が高いので信頼できる調査結果が得られないこともあります。
定性調査とは、消費者やターゲット層の考えや気持ちをより深く知るための市場調査になります。
1対1で話を聞くこともありますし、グループで話し合いをすることもあります。
会場にターゲットを集めて話を聞くことが多いですが、電話のインタビュー形式で行うこともあるようです。
統計データ調査とは、統計データを使用して調査を行う方法になります。
国や自治体などが統計を出しているデータも多く、そういったデータを活用して調査を行います。
また、民間のシンクタンクが出している統計データなどもあります。

質の高い回答を得るために市場調査の種類を把握しておこう!

質の高い回答を得るために市場調査の種類を把握しておこう! 市場調査の種類はいくつかあり、その中の代表的なもので広く普及しているのはアンケート調査です。
誰でも気軽に答えられるので、的確な質問を作成することで非常に有効なデータを集められます。
対面調査では調査員とインタビュー対象者が1対1で会話をするため、その時に応じた質問をしたり、掘り下げて聞くことができるのでかなり質の高いデータ収集が可能です。
最近ではオンラインでの対面調査が増えてきています。
市場調査では郵送やファックスを利用するものがあり、この場合はインターネットを利用していない人や、遠隔地に対象者がいる場合でも実施可能です。
昔から取り入れられている手法ですが、あまり返送率が高いとは言えない手法です。
また電話調査も以前から利用されている手法ですが、直接話を聞くことができるので、対面調査と同じような形式で質問でき、郵送やファックスより有効な回答を得られます。
市場調査の種類の中でも、グループ調査は調査対象者が複数人であるという特徴があります。
座談会形式で行われるため、対象者があまり緊張せずに答えることができ、リラックスした雰囲気でおしゃべりすることで本音を聞くことが可能です。