市場調査のことをご紹介します!

市場調査をするメリット

市場調査をするメリット 消費者のニーズは時代と共に刻々と変化し、またそのニーズも性別や世代ほかに各地域で異なっているのが普通です。
企業が新製品を開発して販売する時にこうした消費者のニーズを理解せずに製品を販売しても、その製品が売れなくて会社に大きな損害をもたらすことがわかりきっています。
こうしたリスクを避ける為に製品を販売する前に企業は、まず市場調査から始めてその結果を集計して現況を理解するのです。
市場調査を行うことにより現在の消費者動向が把握できるばかりでなく、その結果に基づいて将来的な会社の展望を図るプランも作れるというメリットもあります。
マーケット調査には様々な方法があり、例えばアンケート用紙に記入してもらったり、消費者に電話をかけて質問するものなどですが、今はネットによるリサーチがコストが安くて、また多くの人の意見が反映されるから便利です。
この方法だと調査結果も集計しやすく保存も便利でありマーケット調査にはもってこいです。
自社で市場調査をしなくても専門的にこの調査を請け負ってくれる会社もあります。

「市場調査」を実施する目的はどこにあるのか?

「市場調査」を実施する目的はどこにあるのか? 市場調査は、その名の通り「市場」を対象に調査を行うことを意味します。
なお、その調査にあたりキーとなる市場が何かというと、企業の商品やサービスを提供する対象となる顧客の意志や感情、あるいは意志や感情に基づいた動向と言い換えることができる不確かな存在です。
この際、人間の意識がその構成要素となっているがゆえに市場そのものをそのまま数式化することはできません。
また、その状態は常に変化し続けている点にも注意が必要です。
その姿が絶えず変化し続けているのも市場調査を行うにあたっての特徴であり厄介さと言えます。
つまり、そのような性質をもつ「市場」に対して新商品やサービスを投入するにあたっては、予測はある程度できるものの実際に調査してみないと誰もその正確な結果を言い当てられません。
それゆえに、その商品開発やサービスの提供を博打ではなく一定の裏付けをもって事業を取り組めるようにすることを目的に市場調査は行われます。